堀口 直子(ほりぐち なおこ)

プロフィール
一般社団法人日本音楽レ・クリエーション指導協会 理事長
株式会社アリアミュージックオフィス 代表取締役
東京国際芸術協会会員/認知症高齢者研究所研究員
認知症予防音楽ケア体操指導員/介護予防指導員/ヘルパー2級
堀口 直子(ほりぐち なおこ)

長崎県出身。武蔵野音楽大学卒業。厚生労働省「うつ病の認知療法・認知行動療法研修課程」修了。
認知症患者のための「音楽療法コンサート」を現在までに500回以上実施するなど、様々な音楽活動を手掛けている。
また、音楽の効果を数値化した研究を行い『音楽療法による認知症ケアの統計学データ検証』 『気分障害の緩和に絞った認知症対応型音楽療法プログラムの開発』等の認知症ケア学会、日本音楽医療研究会での発表も行っている。また、音楽を効果的に使ったメンタルヘルスケア、音楽の取り入れ方など企業向け講演も多数行い、音楽を社会に役立てていくため更なる活動を進めている。

金子 節子(かねこ せつこ)

プロフィール
岩手県奥州市出身、世田谷区在住。
NPO法人日本ホリスティック医学協会
生活習慣病予防士
金子 節子(かねこ せつこ)

アパレルの営業職を経て、人材教育会社の研修講師、人材育成コンサルタントへ。イベント司会、健康美カウンセラー、ラジオパーソナリティーなど活躍をひろげる一方で、レビー小体型認知症の夫と義母のダブル介護に奮闘。新聞TVの取材協力、講演会フォーラム等、特にレビー小体型認知症の啓発活動に力を注ぐ中で「認知症おうちカフェ★キラリ会」を立ち上げる。認知症になっても介護が必要になっても自分らしく輝いて生きるための「集い場」として自宅を開放し、認知症予防・未病・改善のための予防プログラムを提供。その一つが音楽レクリエーション。
日本中に元気なお年寄りが増えることを願って、音楽レクリエーション指導士の仲間とともに全国各地に笑顔を届けています。

大井 嘉七美(おおい かなみ)

プロフィール
東京都港区出身。
健康運動指導士、介護予防運動指導員、
認知症ケア指導管理士、中高教員免許
大井 嘉七美(おおい かなみ)

教員経験、インストラクター経験を活かし、高齢者のための健康教室を数多く担当。ロコモティブシンドローム予防、水中機能改善、機能改善ヨガ教室等、週に延べ100名の高齢者指導の中で「からだについての再学習」を主に健康寿命の延伸、介護予防を伝えている。
音楽レクリエーションとの出会いから、より楽しく、効果的な認知症予防、音楽と運動との関連性を追求し、様々な現場に活用できるよう指導者の養成に情熱を注ぎたい。

堀越 美和(ほりこし みわ)

プロフィール
神奈川県横浜市出身・茅ヶ崎市在住。
音楽療法士
東京コンセルヴァトアール尚美 音楽社会研究コース卒業
国立音楽院 専門部卒業(音楽療法専攻)
介護職員初任者研修修了
堀越 美和(ほりこし みわ)

幼少時よりピアノ・エレクトーンを学ぶ。音楽学校在学中より、ブライダルプレイヤー・ラウンジプレイヤー・楽器メーカーのデモンストレーター・キーボーディストとして活動。特にブライダル演奏は2000件以上に及ぶ。その後プレイヤー養成、キャリアスクール講師、イベント企画など音楽と人に関わる仕事に従事する。その関わりの中で音楽が起こす奇跡を目の当たりにし、人間に及ぼす大きな力を実感する。 その後音楽療法を本格的に学び、現在音楽療法士として高齢者施設・障がい者施設にて音楽療法セッションを担当している。 《音楽レクリエーション》は音楽を楽しみながらセルフケアが出来る素晴しいツール。その素晴しさを日本中に広め高齢者とその家族が毎日を笑顔で過ごせる手助けをしていく事が大切と考える。音楽にはその力があると信じて人材養成そして啓蒙活動を続けていきたい。

福中 浩太郎(ふくなか こうたろう)

プロフィール
介護福祉士
福中 浩太郎(ふくなか こうたろう)

小学校、中学校とピアノを学び、高校生からドラムをはじめバンド活動に没頭。
高校卒業後は東京ミュージック&メディア・アーツ尚美に進学し、プロミュージシャン学科でドラムを専攻。卒業後はドラマーとして活動するも、27歳の時祖母の死をきっかけに介護の仕事を始め、横浜のグループーム・デイケア・認知症対応型デイサービスで介護福祉士として働く。施設においてのレクリエーションの意義をより深いものにするために音楽レクリエーションインストラクターの資格を取得。今後は両親のいる鹿児島に拠点を移し、介護予防・認知症予防の分野で介護福祉士・音楽レクリエーションインストラクターとして活動予定。